logo

村上 春樹 翻訳 映画

映画化された村上春樹作品:番外編 ①『ドリーミング村上春樹』 《作品詳細》 制作国:デンマーク; 日本公開日:/10/19; 時間:60分 《あらすじ》 村上春樹作品をデンマーク語に翻訳してきたメッテ・ホルムを取材したドキュメンタリー。. See full list on weblio. ドキュメンタリー映画『ドリーミング村上春樹』の予告編が公開された。 10月19日から公開される同作は、村上作品の翻訳家として知られる. 村上春樹の英語圏へのデビューから約30年が経過した。1955年から80年代の谷崎・三島・川端の日本近代小説翻訳の黄金時代と並ぶ、ひとつの時代を創った存在だといえるだろう。 翻訳で読む日本文学を考える上で、村上春樹という一人の作家が圧倒的な存在感を持っていることについては、当然光と影が存在する。レイモンド・チャンドラーやカート・ヴォネガット、レイモンド・カーヴァーなどの影響を受けた村上の作風は、欧米語に翻訳する上での障壁が低く、世界の幅広い読者に受け入れられてきた反面、その文体や作風に批判的な作家や批評家も多い。そうした批判的な声の代表格は、英語圏で育ち、英語と日本語の両方に堪能でありながら、あえて日本語で書く作家であることを選んだ作家、水村美苗であろう。 小川洋子や桐野夏生の作品を英訳した日本文学研究者で翻訳家のスティーヴン・スナイダーは、村上以外の日本文学の現代の作家が「次のムラカミは誰か」という視点でのみ注目されるという現象が起こっていると指摘する(Stephen Snyder “Murakami Effect”/Literary Hub)。例えば小川や桐野のような作家が「村上に似ている」と形容されるとすれば、本来の特徴を見逃すことにもつながるだろう。その一方で、村上の存在により、他の日本語で書く作家にも注目が集まるという側面もあるとスナイダーは指摘している。いずれにせよ、この30年の「日本近現代文学を翻訳で読む」ことを考える上で、村上の存在を欠かすことはできない。. See full list on nippon. Amazonで春樹, 村上, 三郎, 川本の映画をめぐる冒険。アマゾンならポイント還元本が多数。春樹, 村上, 三郎, 川本作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 近年の村上春樹以外の日本文学の翻訳について、どのような特徴を挙げることができるだろうか。 まず真っ先に挙げられるのが、翻訳される作家の多様性である。1980年代以前は、翻訳される作家といえば男性作家が多かったが、90年代以降、津島佑子、桐野夏生、小川洋子、そして最近では村田沙耶香など、多くの女性作家の作品が翻訳されている。桐野の『OUT』(1997年、英訳年)はスリラーと言える作品だが、探偵小説に与えられるエドガー賞・長編賞にノミネートされるなど高い評価を受け、その後も作品が継続的に翻訳されている。また、村田沙耶香『コンビニ人間』(年、英訳18年)の例を見ると、日本で話題になってから翻訳・出版されるまでの時間が短くなっていることが分かる。 翻訳されるジャンルも、純文学だけでなく、ミステリー、SFなど多様化している。中国では、東野圭吾が日本文学のみならず外国文学の作家の中でもトップクラスの人気を確立している。また、現代文学、SFやライトノベルの英訳で、伊藤計劃(けいかく)、円城塔らの作品を出版しているハイカソル(Haikasoru)社の活動も、英語圏で読める日本文学の幅を大きく広げることに貢献している。さらに、現代詩の世界でも、伊藤比呂美らの作品が翻訳で読めるようになったことも注目すべきだ。 翻訳によって特に世界に多くの読者を獲得している新しいジャンルとして、ライトノベルが挙げられる。1990年代以降、日本発のマンガ、アニメが注目を集めるようになり、その原作として、また(逆に)マンガ・アニメ作品のノベライズとして、ライトノベルが翻訳でも読まれるようになっている。ライトノベルというと、何冊にもわたる長編が多く、キャラクター設定に由来する特有の言葉遣いの翻訳など、翻訳をする上で困難な面も多いが、それでも英語圏、東南アジアなど、世界各地で広がりを見せている。 こうした日本文学の現在の広がりを支えた存在として、文学作品の翻訳に対する公的な支援について触れておきたい。年、文化庁は現代日本文学の海外発信・普及を目指して、翻訳支援事業「現代日本文学の翻訳・普及事業」を立ち上げた。英語だけでなく、フランス語、ドイツ語、ロシア語、インドネシア語などで、夏目漱石『坊っちゃん』、芥川龍之介『羅生門』などの日本近代文学の名作(再翻訳)から、大岡昇平『武蔵野夫人』.

ドキュメンタリー映画『ドリーミング村上春樹』が、10月19日から東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、yebisu garden cinemaほか. 米作家スコット・フィッツジェラルドにまつわるエッセイ集「ザ・スコットフィッツジェラルド・ブック (The Scoot Fitzgerald Book)」。村上春樹が愛してやまない小説家スコット・フィッツジェラルドについての話や短編を収録。ロストジェネレーションの代表的作家であり、当時の時代の寵児でもあったスコット・フィッツジェラルド。彼が生きた1920年代の時代背景などを解説しているので、これを読めばフィッツジェラルドをより詳しく知ることができます。年に翻訳・出版。 >>ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック 村上 春樹 翻訳 映画 (村上春樹翻訳ライブラリー). はじめに:訳者としての村上春樹 訳者としての村上春樹に関しての私のスタンスをはじめに示します。 小説家ならではの翻訳、芸術的とも言える訳も多い しかし、翻訳者として最高と言うには自らの文体が邪魔をしている 村上春樹のネームバリューおかげで日本では無名の作家が脚光を. 村上春樹(1949~)と翻訳仲間の柴田元幸氏(1954~)が、j・d・サリンジャー(1919~)の『ライ麦畑でつかまえて / キャッチャー・イン・ザ・ライ』(1951)について語り尽くす『翻訳夜話2 サリンジャー戦記』()を読みましたので、それについて書いておきます。. 平易で親しみやすい文章は村上がデビュー当時から意識して行ったことであり、村上によれば「敷居の低さ」で「心に訴えかける」文章は、アメリカ作家のブローティガンとヴォネガットからの影響だという。「文章はリズムがいちばん大事」とは村上がよく話す言葉だが、そう思うに至った理由を次のように説明している。「何しろ七年ほど朝から晩までジャズの店をやってましたからね、頭のなかにはずっとエルヴィン・ジョーンズのハイハットが鳴ってるんですよね。」 隠喩注 13の巧みさについて、斎藤環は「隠喩能力を、異なった二つのイメージ間のジャンプ力と考えるなら、彼ほど遠くまでジャンプする日本の作家は存在しない」と評している。 一方、文章の平易さに対して作品のストーリーはしばしば難解だとされる。村上自身はこの「物語の難解さ」について、「論理」ではなく「物語」としてテクストを理解するよう読者に促している。物語中の理解しがたい出来事や現象を、村上は「激しい隠喩」とし、魂の深い部分の暗い領域を理解するためには、明るい領域の論理では不足だと説明している。このような「平易な文体で高度な内容を取り扱い、現実世界から非現実の異界へとシームレスに(=つなぎ目なく)移動する」という作風は日本国内だけでなく海外にも「春樹チルドレン」と呼ばれる、村上の影響下にある作家たちを生んでいる。また、村上の作品は従来の日本文学と対比してしばしばアメリカ的・無国籍的とも評され、その世界的普遍性が高く評価されてもいるが、村上自身によると村上の小説はあくまで日本を舞台とした日本語の「日本文学」であり、無国籍な文学を志向しているわけではないという。なお村上が好んで使用するモチーフに「恋人や妻、友人の失踪」があり、長編、短編を問わず繰り返し用いられている。.

『ドリーミング村上春樹』は、村上春樹の小説を映画化したものではなく、村上春樹のデンマーク語翻訳を担当してきたメッテ・ホルムがどのようにして『風の歌を聞け』を翻訳するのかを描いたドキュメンタリーだ。しかも、普通のドキュメンタリーでは. ドキュメンタリー映画『ドリーミング村上春樹』が 年10月19日から東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、yebisu garden chinema他、全国で公開されます。. 韓国には『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』をはじめとする村上春樹の全作品が翻訳されており、特に『ノルウェイの森』は韓国. 1990年9月10日号の 米誌ニューヨーカー(The New Yorker)に、村上春樹の短編 『TVピープル』の英訳が掲載された。日本語で書く作家の作品が米国の文芸誌に掲載されるというこの出来事は、村上春樹という作家一人のキャリアにとどまらず、日本近現代文学を翻訳(とりわけ英訳)で読むことの歴史においても画期的であった。以来、村上作品は世界50カ国以上で翻訳され、フランツ・カフカ賞、エルサレム賞など世界各地の文学賞を受賞する一方、世界中で(日本文学としては異例の)ベストセラーとなるなど、批評的な評価と商業的な成功の両方を手にしており、日本文学の作家としては希有(けう)な存在感を獲得している。 村上春樹の登場は、翻訳における「日本文学」のイメージを大きく変えることとなった。日本文学研究者のエドワード・ファウラーによれば、英語圏における「日本近代小説翻訳の黄金時代」は、55年に米文芸出版社のクノップ社が、大佛次郎『帰郷』、谷崎潤一郎『蓼食う虫』の2作品の英訳を出版したことに始まる。以後、谷崎潤一郎・三島由紀夫・川端康成の「ビッグ・スリー」を中心に、第2次世界大戦後の米国における日本文化の再発見の流れの中で、エキゾチックで耽美(たんび)的な日本近代文学のイメージが定着することとなる(※1)。これに対して、米文学の影響を強く受け、現代日本社会を舞台としつつ現実世界とファンタジーの世界の交錯を描いた村上作品は、英語圏における日本近代文学のイメージを大きく塗り替えることとなった。 村上の英語圏でのデビューに関しては、当初は日本の出版社と協力する形で進めていたが、エージェントを自ら選び、米国の編集者と緊密に協力しながら、作品を英語圏の(特に北米の)読者に向けて“ファインチューニング”(微調整)したことが明らかになっている(※2)。また、例えば『アフターダーク』などの作品では、作品が翻訳されることをあらかじめ想定して、日本語の読者には周知の事象も丁寧に語る「プリ・トランスレーション」という叙述の方法を使っているとも指摘されている(※3)。このように、村上春樹は翻訳で読まれることを前提として作品を書く「翻訳文学の時代」の新たな作家像を示しているといえる。. その人物とは、村上作品のデンマーク語訳を担当する翻訳家メッテ・ホルムだ。この映画は「ねじまき鳥クロニクル」「ノルウェイの森」「1q84」「騎士団長殺し」など、デンマークで出版されたすべての村上春樹作品の翻訳を手掛けた彼女が、村上のデビュー作「風の歌を聴け」の完璧な翻訳. 村上春樹作品をデンマーク語に翻訳しているメッテ・ホルムさんPhoto (C) 新潮社 翻訳に間違いはつきもの. 翻訳者として自身のキャリアを振り返る「村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事」。今まで手がけた70冊以上の翻訳本を説明しながら、その当時の心境や翻訳するきっかけなどを語っています。普段めったに公の場に姿を見せることが無い村上春樹の翻訳に対する考え方を垣間見ることができ、大変貴重な内容になっています。また同じ翻訳家として活躍する柴田元幸氏との対談も濃い内容で読み応え十分な一冊です。年に出版。 >>村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事. 村上春樹の作品はこれまで世界50言語以上に翻訳されてきたが、そのほとんどが英語からの翻訳となり、メッテのように日本語から直接翻訳することは珍しかった。映画は年、村上春樹がアンデルセン文学賞を受賞し、デンマークを訪れ王立図書館でメ.

先週末19日から絶賛公開中の『ドリーミング村上春樹』。世界50言語に翻訳されている村上春樹の翻訳家のひとりであるメッテ・ホルムを追ったドキュメンタリー映画だ。監督はインド人の父を持つデンマークの映画作家ニテーシュ・アンジャーン。翻訳家を紹介するような普通の. 村上春樹が翻訳するエルモア・レナードの小説『オンブレ』が、2月1日(木)に新潮社から発売される。 『オンブレ』は、1961年にアメリカで発表された「Hombre」を村上春樹が翻訳した作品。. ドリーミング村上春樹()の映画情報。評価レビュー 15件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、。村上春樹の作品をデンマーク語に翻訳してきたメッテ・ホルムを取材したドキュメンタリー。村上とメッテの対談や、村上のデビュー作で第22回群像新人文学賞を受賞した「風の歌を聴け」を. 村上春樹といえば『ノルウェイの森』や『ねじまき鳥クロニクル』、『1Q84』などの小説で知られている日本を代表する小説家だ。しかし、それだけでなく海外小説の翻訳も手掛けており、海外文学の紹介や翻訳を手がけるといった一面も持っている。村上春樹が手掛けた翻訳は.

デンマーク人翻訳家デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムを追ったドキュメンタリー映画。1995年ホルムは日本を旅した時に『ノルウェイの森』と出会った。読み終えてすぐに村上春樹の翻訳家になることを決意する。そして今ではデンマーク語の翻訳の大家となっている。そんな彼女が村上作品. 村上春樹の小説は世界各地で翻訳されている。メッテ・ホルムさんはデンマーク語版の翻訳者だ。年に「ねじまき鳥クロニクル」を翻訳して. 村上は自身が特に影響を受けた作家として、スコット・フィッツジェラルド、トルーマン・カポーティ、リチャード・ブローティガン、カート・ヴォネガット、レイモンド・チャンドラーらを挙げている。このほかにフランツ・カフカ、ドストエフスキーらの作家も加わる。「これまでの人生で巡り会ったもっとも重要な本」としてフィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』、そしてチャンドラーの『ロング・グッドバイ』の3冊を挙げている注 14。読売新聞で『1Q84』をめぐる記者との対談に於いて、後期ヴィトゲンシュタインの「私的言語」概念に影響を受けていたことを明かした注 15。. レイモンド・カーヴァーの短編小説集「愛について語るときに我々の語ること (What We Talk About When We Talk About Love)」。村上春樹自身、カーヴァーから小説の書き方みたいなものを多く学んだと述べているように、この短編集を読んでいると重なる部分が多々あります。短編小説の名手として名高いレイモンド ・カーヴァーだけに、完成度の高い作品が並んでいます。村上春樹は実際に生前のカーヴァーとの交流があったようで、今ではほとんどの作品を翻訳するほどお気に入りの作家です。1990年に翻訳・出版。 >>愛について語るときに我々の語ること THE COMPLETE WORKS OF RAYMOND CARVER〈2〉. ・村上春樹原作の映画『ハナレイ・ベイ』は原作を読んで、その後で映画を観ました。 ・村上春樹の本は、長編・短編は全部読みました。 今は村上さんが翻訳した作品を1冊ずつ読み進めています。 村上が柴田の授業に参加したり(『翻訳夜話』、『翻訳教室』)、積極的にインタビューや対談に応じたり(『ナイン・インタビューズ 柴田元幸と9人の作家たち』、『代表質問 16のインタビュー』、『村上春樹 翻訳 (ほとんど) 全仕事』)と、二人の親交は. 村上は1990年代後半より、しきりに「総合小説を書きたい」ということを口にしている。「総合小説」として村上はドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を引き合いに出している。それは「いろいろな世界観、いろいろなパースペクティブをひとつの中に詰め込んでそれらを絡み合わせることによって、何か新しい世界観が浮かび上がってくる」 ような小説のことを指すのだという。そして「パースペクティブをいくつか分けるためには、人称の変化ということはどうしても必要になってくる」 という。その試みは『ねじまき鳥クロニクル』(一人称の中に手紙や他の登場人物の回想が挿入される)、『神の子どもたちはみな踊る』(すべて三人称で書かれた)、『海辺のカフカ』(一人称と三人称が交互に現れる)、『アフターダーク』(三人称に「私たち」という一人称複数が加わる)などの作品にあらわれている。.

com ニュース20年以上にわたり村上春樹作品の翻訳を手がけるデンマーク. ドリーミング村上春樹の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。村上春樹作品の翻訳を手がけるデンマーク人翻訳家を追った. 村上春樹 の作品をデンマーク語に翻訳してきたメッテ・ホルムを取材したドキュメンタリー。 村上とメッテの対談や、村上のデビュー作で第22回. この映画は村上春樹の翻訳者である彼女が、彼のデビュー作である『風の歌を聴け』の翻訳して出版に至るまでを追ったドキュメンタリーである。 なぜ彼の翻訳家がデビュー作を今になって手がけるのか、という疑問が湧くと思う。. 今や日本文学を牽引する一人ともなった村上春樹。春樹の業績は日本国内に留まらず、海外でも高い評価を受けています。国際的な作家として活躍する春樹は、翻訳家としても大変有名です。 今回は村上春樹が翻訳した小説を6点ご紹介いたします。.

スコット・フィッツジェラルドが執筆した小説「グレート・ギャツビー (The Great Gatsby)」。アメリカ文学史における代表作にして”最高の小説”として評価されている本作。村上春樹自身、グレート・ギャツビーをこれまで何度も読み返すほど極めて重要な作品であると語っているように、小説としての完成度が非常に高いです。映画化もされている本作ですが、小説で読むほうがギャツビーの世界観がより伝わります。一度は読んでおきたい作品です。年に翻訳・出版。 >>グレート・ギャツビー 村上 春樹 翻訳 映画 (村上春樹翻訳ライブラリー). 村上 春樹 翻訳 映画 「ドリーミング村上春樹」のニテーシュ・アンジャーン監督が来日 映画. サリンジャーの作品「フラニーとズーイ (Franny and Zooey)」。サリンジャーといえば、キャッチャー・イン・ザ・ライのイメージが強いですが、こちらの作品も同じくらい人気がある作品です。”議論小説”というあまり馴染みのない書き方をしていますが、物語自体は非常に深い話をしています。と同時に、好き嫌いがはっきりと分かれる作品でもあるので、その時の気分やタイミングでこの物語に対する印象を左右してしまう不思議な小説です。村上春樹もこの小説の難易度の高さから翻訳作業はかなり難しかったようです。年に翻訳・出版。 >>フラニーとズーイ (新潮文庫). レイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説「ロング・グッドバイ (The Long Goodbye)」。主人公の私立探偵フィリップ・マーロウを中心に繰り広げられるハードボイルドの長編小説。チャンドラーの文体が僕の原点と語るほど、村上春樹が好きな作家のひとりとして数えられています。また、村上春樹の小説『羊をめぐる冒険』にも多大なる影響を与えた本作は、内容はもちろんのこと、人物描写やクールな文体が魅力的。読んでいるとクセになるフィリップ・マーロウのシリーズ代表作。年に翻訳・出版。 >>ロング・グッドバイ. シェル・シルヴァスタイン作の絵本「おおきな木 (The Giving Tree)」。1960年代から現在に至るまで読み継がれている名作中の名作の絵本です。物語は非常にシンプルで、無償の愛がテーマの本作。絵本といえば、どうしても子供が読む本だと思われがちですが、逆にこの本こそ大人の方にも是非読んでほしい内容です。人間がどれだけ成長しても、忘れることができない”想い”がこの本にはたくさん詰まっています。年に翻訳・出版。 >>おおきな木. サリンジャーによる長編小説「キャッチャー・イン・ザ・ライ (The Catcher in the Rye)」。村上春樹が年に翻訳・出版した世界的に有名なサリンジャーの代表作。主人公のホールデン・コールフィールドが社会の矛盾や欺瞞に対して訴えかける語り口は妙に説得力があり、サリンジャーの物語に漂う”イノセンス”が大きく反映されている作品となっています。およそ60年以上前に書かれた小説にもかかわらず、現在でもまったく色褪せることなく存在する不朽の名作。時間をおいて何度も読み返したくなります。 >>キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション). See full list on beatandone. 首相に就任した菅義偉氏を、村上春樹さんが「菅ちゃん」と呼ぶのを耳にした。4月に放送されたラジオ番組「村上radio」(tokyo fmなど全国38局で不.

村上春樹が”誕生日”をテーマに、英b米小説の短編小説を選出・編集した「バースデイ・ストーリーズ (Birthday Stories)」。レイモンド・カーヴァーやポールb・セローなど実力のある作家や新進気鋭の作家まで、11の短編小説が収められています。海外のさまざまな誕生日にまつわる物語が編まれているので、いろんな角度から楽しむことができます。また、村上春樹による書き下ろし短編「バースデイ・ガール」も収録。この物語は、どこまでもリアリティーがあり、真偽のほどを書いた本人(=村上春樹)に伺いたいくらい大変興味深い作品です。年に翻訳・出版。 >>バースデイ・ストーリーズ (村上春樹翻訳ライブラリー). 辛島 映画ではあなたの子どもの頃のことも語られています。. 村上 春樹 翻訳 映画 トルーマン・カポーティの中編小説「ティファニーで朝食を (Breakfast at Tiffany’s)」。この作品は、オードリー・ヘプバーンが映画で演じているので、知っている方も多いカポーティーの代表作。マンハッタンの都会的な描写と主人公の魅力が詰まった物語は、映画とは内容ががらりと違っています。カポーティーはこの作品を最後に、無垢の世界観とは距離をおくターニングポイントともいえる作品です。村上春樹自身も好きな作品であると語っていて、カポーティーらしい生き生きとした美しい文体が魅力的です。年に翻訳・出版。 >>ティファニーで朝食を.