logo

Black panther 映画

IMAGE COURTESY OF MARVEL STUDIOS ワカンダには主要な航空機が3種類ある。戦闘機のような「タロン・ファイター」、生体模倣技術を駆使してトンボのように見える「ドラゴン・フライヤー」、そしてティ・チャラが乗る大統領専用機「ロイヤル・タロン・ファイター」だ。 「ロイヤル・タロンを上から見た姿は、アフリカの仮面をモチーフにしています。内部は豪華です。技術が駆使されていますが、普通の飛行機とは違います」とビークラーは述べる。. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(年公開) 12. See full list on wired. 『スパイダーマン:ホームカミング』(年公開) 17. 監督のライアン・クーグラーを初めて知ったのは、前作『クリード』(年)だった。シルヴェスター・スタローンの出世作である『ロッキー』シリーズの最新作と聞き、最初は単純に続編だとばかり思って見始めたら、ロッキーのかつての好敵手アポロ・クリードの息子ドニーを、引退したロッキーがトレーナーとして鍛え上げていくという捻った展開であり、素朴に驚かされたことを覚えている。 主人公のドニーはアポロの非嫡出子だったため、クリード姓は名乗らず実母の姓のジョンソンを名乗っていたが、ここには『ブラックパンサー』に通じる、黒人の家族や血縁を重視する価値観がすでに投影されていた。主人公のドニーを演じたマイケル・B・ジョーダンは、『ブラックパンサー』にもキルモンガーとして出演している。 『クリード』を観た時の印象では、『ロッキー』(1976年)が映画として大成功したことで、「イタリアの種馬」という彼の異名もあってアメリカ社会でイタリア系アメリカ人の存在感が増したように、アポロの息子ドニーに焦点を当てることでアフリカ系アメリカ人の存在感を増すことにつなげたいのだろうか──くらいに思っていた。 『クリード チャンプを継ぐ男』(年)。PHOTOGRAPH COURTESY OF IMAGE COURTESY OF METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES AND black panther 映画 WARNER BROS.

「ブラックパンサー(Black Panther)」のネタバレを最初からエンドロールまで!バッキー登場 年3月1日に公開されるマーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ3第6作目。. 映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に登場したアフリカン・ヒーローを主人公とする映画『ブラックパンサー』の新たな予告編が. どこで道を違えたのか。それはキルモンガーが、ワカンダの地から引き離されたからだった。彼は、遠くにあって訪れたこともなければ見たこともない祖国に、望郷の念を抱くしかなかった。その「切なさ」は、アフリカン・ディアスポラが抱える問題そのものだ。アフリカ大陸にずっとい続けたアフリカ人(=ティ・チャラ)と、新大陸に連れていかれたアフリカ人(=キルモンガー)との対決である。 だからキルモンガーは、ティ・チャラの影、ティ・チャラにとってはもう一つの自分である。ともにブラックパンサーのスーツをまといながら殴り合う場面など、ティ・チャラの内面を襲う葛藤の陰画である。 思慮深いティ・チャラは、キルモンガーの凶行の動機や意図を、彼との死闘を通じて鏡像たる彼の姿を目の当たりにしながら、いつの間にか彼の視点に自らを重ねてしまい、彼の心情をも理解してしまう。真剣による死闘に伴う駆け引きのなかで、相手の間合いや呼吸にまで思考を巡らせるうちに、思考のレヴェルで彼我は一体となる。そのなかで、相手=キルモンガーの視点をも自らの内に取り込んでしまう。 そこにはアフリカ的な呪術的一体感の世界がある。そうして従兄弟の心情を理解したティ・チャラは、彼の意志を継ぎワカンダを世界に開くことを決心する。そして、従兄弟の生地であるオークランドの貧民街を、ワカンダが世界と交わるための拠点と定める。. 映画が好きなアラサー男子。 大学のとき友人の影響で映画にハマる。 年に100本程見るようになる。 たくさんの映画・映画イベントに触れ、よく映画を見る人だけじゃなく、あまり見ない人にも映画に触れてもらえるきっかけを作っていけたら。. Black – 年 1月月27日午前10時01分PST しばらくして、ティ・チャラの元に一報が届く。 ワカンダ王国は. 原題:Black Panther 監督:ライアン・クーグラー 脚本:ライアン・クーグラー、ジョー・ロバート・コール 原作:スタン・リー、ジャック・カービー 出演:チャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴ、ダナイ・グリラ、マーティン・フリーマン、ダニエル. 南アフリカの公用語の1つであるコサ語が大作スーパーヒーロー映画に. PICTURES その狙いを100パーセント達成するものとして製作されたのが『ブラックパンサー』だ。公開前から広く報道されていたように、この映画は黒人の監督による黒人を主人公にした映画として注目されていた。それだけでなく、キャストや制作スタッフも大半が黒人であることが喧伝されていた。それもアメリカだけでなく、ヨーロッパやアフリカを中心に、世界中からアフリカ系のプロフェッショナルが集結していた。 実際、画面に登場する主要キャストはほとんど黒人であり、白人はCIAエージェントのエヴェロット・ロス役のマーティン・フリーマンと、密輸商人のクロウ役のアンディ・サーキスという、ふたりのイギリス人俳優くらいだ。ワインスタイン事件に端を発した「MeToo」ムーヴメントのなかで折しも、ハリウッドがいまだに白人男性中心の社会だという批判もあるときだけに、この徹底した「黒人性」には否が応でも注目が集まった。.

See full list on eiga-watch. 一方、ロンドンの大英博物館では西アフリカの展示コーナーで客を装ったエリック・キルモンガーがワカンダにまつわる展示品を強奪しました。キルモンガーは武器商人ユリシーズ・クロウと手を組み、ヴィブラニウムの取引を韓国で行おうとしていました。 その情報を知ったティ・チャラは、天才科学者の妹シュリが改良したブラックパンサー・スーツをまとい、側近オコエと幼馴染で元恋人のナキアとともに韓国へ乗り込みました。3人は案内されたカジノへ向かうと、CIA捜査官のエヴェレット・ロスがクロウの取引相手を装っていたことを知ります。 ところがこの潜入捜査はすぐに露呈し、現場は一気に銃撃戦となってしまいます。なんとかクロウを拘束することはできたものの、その後キルモンガーの襲撃に遭い、クロウを逃してしまっただけでなく、キアラを庇ったロス捜査官が撃たれてしまいました。 ティ・チャラはよそ者を入国させない掟を破り、妹を助けてくれたロス捜査官をワカンダへ連れて帰り、治療を受けさせました。. 予告編や劇中歌動画のご紹介です。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』への参戦も決定!国王とヒーロー・・・2つの顔をもつ、謎を秘めた新ヒーロー<ブラックパンサー>!映画作品の予告映像や試写会ご招待、プレゼントキャンペーンなど、お得な情報が満載!マーベル公式 MARVEL. 出典:Black Panther () – IMDb. ワカンダの中心都市であるゴールデン・シティには、主要な公共交通機関が2つある。ステップタウンの路面電車と、ハイパーループだ。どちらも人々が思い描く未来の鉄道のイメージを満たすようにデザインされた、とビークラーは説明する。 ライアン・クーグラー監督はカリフォルニア州オークランド育ちなので、ベイエリア高速鉄道(BART)システムの影響は大きい。当然のことながら、ヴィブラニウムのおかげで、車両はかなりエネルギー効率がいい。. 『アベンジャーズ』(年公開) 7. 『マイティ・ソー バトルロイヤル』(年公開) black panther 映画 18.

ところで、『指輪物語』の主題とは、絶大な力には、その力を管理するにも開放するにも甚大な責任が伴う、というものであった。この主題は、そのまま『ブラックパンサー』の主人公である若きワカンダ王ティ・チャラが抱える問題でもある。彼は──そして彼の仇敵となるキルモンガーも──、隕石が起源の、その意味では宇宙から授かったギフトであるヴィブラニウムの「力」をいかに用いるかについて苦慮する。 ブラックパンサーの力を授かっているからといって自動的に王になるわけでない。ティ・チャラは、王の血統からその力をすでに身につけているが、その上で王として5部族の長に認めてもらうには、その力を一度わざわざ無にして、己の心身だけで5部族の中で「最強の戦士」であることを示さなければならない。そうして彼ははじめて「王になる」ことができる。 PHOTOGRAPH black panther 映画 COURTESY OF DISNEY/MARVEL STUDIOS この展開は、実は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)における、ほかのヒーローたちとは大きく異なるところだ。彼らたちとは違ってティ・チャラは、力を求めるところから始めることはない。多くのヒーローたちが、力を求める、その意味では凡夫からスタートするのに対して、ティ・チャラは生まれたときから、その力を先祖由来のものとして身につけている。 そのため「力をもった者は何をしなければならないのか」という、力ある者の責務から物語を始めることができる。これは、王政ではないデモクラシーの国であるアメリカが主な舞台となる、ほかのMCUの物語では展開させにくいプロットだ。 唯一の例外は、同じく王の道を歩むソーだが、ソーの場合は、そもそも地球人ではないという設定と、ソーのキャラクターがどちらかといえば脳筋系であることもあって、直接的に「王道」の話にならない。なによりソーが基づく神話の世界では誰もが神であり、民が現れることはない。王になることの意味がワカンダとは全く異なるのだ。対して民草を抱えるティ・チャラは、自ずから思慮深くならざるを得ない。王国の統治者として内政も外交もこなさなければならない。. (C)Marvel Studios ライアン・クーグラー監督はいずれ黒人として初めてアカデミー賞の監督賞を取る器であると確信しました。 その際はおそらく盟友のマイケル・B・ジョーダンもオスカーを獲得するでしょう。 たった3本の映画でクーグラー監督は圧倒的な才能を見せつけました。 長編デビュー作の『フルートベール駅で』は白人に射殺された22歳の黒人青年はオスカー・グラントという名前を持つ一人のれっきとした人間であることを映し出してみせました。 2作目の『クリード チャンプを継ぐ男』は伝説的なボクサーである父の影に覆われてきたアドニスが、遂に自分の名前としてクリードの姓を手に入れる物語を熱く語り尽くしました。 black panther 映画 そして3作目の本作『ブラックパンサー』は鏡像関係となった存在と対峙することで王として成長し、世界の行く末を考えて自らがブラックパンサーを名乗る意味を問い直した希望の物語でした。 次回は再びマイケル・B・ジョーダンと手を組み、アメリカ最大のカンニング事件を題材にした『Wrong Answer(原題)』を撮影予定。 手掛けたそのいずれもが傑作のクーグラー監督は今最も注目するべき映画人の一人です。. Photo : black アルバムの1曲目を飾るのは、ケンドリックによる“Black Panther”。おそらく本映画のテーマ曲になるのだろう。.

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(年公開) 23. 映画/洋画『ブラックパンサー』の見逃し配信の無料視聴まとめ 『ブラックパンサー』を無料で見るには、動画配信. 『アントマン』(年公開) 13. IMAGE COURETESY OF black panther 映画 MARVEL STUDIOS ワカンダ国民はたいてい英語を話すが、現地の言語も存在する。ビークラーは、4~5世紀のナイジェリアで使われていた象形文字を基に、現地語の文字セットをつくり上げた。これらの文字は、道路標識や戦闘用具、ティ・チャラの王宮の壁で見ることができる(壁に書かれた文字を簡単に訳すと、「われら、ヒョウの王のもとに集結する」となる)。. panther 『インクレディブル・ハルク』(年公開) 3. ワカンダというアフリカの小国。この国にしか存在しない「ヴィブラニウム」という鉱石は希少で、とてつもないパワーを持っています。ワカンダはヴィブラニウムを長年研究し、世界で最先端の技術を有するほどの科学的発展をもたらせました。 しかし、この鉱石を盗難や悪用から護るために、国土自体をホログラムで覆いジャングルに偽装しているため、この国の秘密はごく一部の人を除き、誰も知りません。同時に、この資源と独立性を保つために、世界中にスパイを放ち、国際的動向を探り続けています。 その中で、高僧ズリによってティ・チャラがワカンダ新国王に即位するための儀式が行われました。ワカンダはボーダー族、リバー族、マーチャント族、マイニング族、そしてジャバリ族から成り、これらの部族の頂点に立つワカンダ王によって統治されています。 守護神ブラックパンサーへの信仰を共にしており、王となる者は儀式で挑戦者との戦いに勝たなければなりません。全員一致でティ・チャラの王位継承が決まろうとしたとき、ジャバリ族のエムバクが挑戦を申し出てきました。 ジャバリ族は昔の取り決めにより儀式への参加資格がありません。エムバクはこの取り決めを無効にするために戦いを挑んだのでした。ティ・チャラは苦戦の末、エムバクを殺すことはせずに降伏させました。そしてハート形のハーブを飲み、超人的な強さを得ることにより、ティ・チャラはブラックパンサーとして生まれ変わりました。. マーベルの人気キャラクターで、アメコミ史上最初の黒人ヒーローとして知られる“ブラックパンサー”が主人公のアクション・アドベンチャー大作。「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に初登場したチャドウィック・ボーズマン扮するブラックパンサーの活躍を、アフリカ文化を背景. 実のところ、ブラックパンサーでワカンダの技術を知ってしまったあとでは、アイアンマンで利用されている技術の古さは嫌でも目立ってしまう。重火器を搭載したロボット型の兵装、というのが基本的には20世紀前半の世界大戦時の、戦車や軍用機をもたらした工業技術パラダイムのままに見える。つまり、「機械のパラダイム」であり、そこに人工知能(AI)を搭載することで、かろうじて「情報のパラダイム」に基づいている。 対して、ワカンダの技術はより生物的だ。作中で脊椎を損傷し、瀕死の状態にあったCIAエージェントのロスを完治させたように、彼らの医療技術の水準はワカンダの外部世界の技術をはるかに凌駕している。その医療技術の高さや自然との調和から、ワカンダの世界における技術とは、より生命工学的で環境志向であることもわかる。 冒頭で紹介したように、ワカンダの都市が、自然と人為が混在した「循環都市」であることにも見て取れる。いかにも未来的なのだ。トニーのいるワカンダの外の世界で当たり前となった機械工学ならびに情報工学にかかわる技術の利用は当然として、その上で、生命科学の技術利用を現実化している。 IMAGE COURTESY OF DISNEY/MARVEL STUDIOS それはブラックパンサーという「異能力」の着脱に、ワカンダにしか生育しないハート型ハーブを煎じた薬を飲み干すところにも現れている。このハーブは、ワカンダの異能の源泉である隕石・ヴィブラニウムによって突然変異したものととらえられている。そのため、このハーブを煎じた薬は、いわばヴィブラニウムの機能を生体内に取り込むことを意味している。 ブラックパンサーのスーツを瞬時に身につける(着装する)技術は、機械的なパーツをまとうアイアンマンと比べて、遥かにスマートで「クール」である。つまり、アイアンマンの世界が「メカニカル」なパラダイムに則っているのに対して、ブラックパンサーの世界は「オーガニック」なパラダイムに準じている。この世界観の違いが、アフロ・フューチャリズムの現在形ということになる。.

&39;Black Panther&39; is easily the best of the Marvel superhero movies - CSMonitor. — Disney Decem. 大ヒットするスーパーヒーロー映画でありながら、複雑な政治的問題や倫理的問題を扱えることを明らかにした「ブラックパンサー」は、今後の. (C)Marvel Studios 現在世界中、特にアメリカで特大ヒットを記録している『ブラックパンサー』。 本作はマーベル映画として初の黒人ヒーロー単独作であり、キャストのほとんどがアフリカ系の人々で構成されています。 この成功を見れば、アメリカはどれだけ長い間こういう作品の出現を待ち望んできたのかがよくわかります。 どちらも本当に面白く素晴らしい作品ですが決して大作とは言えない『ドリーム』や『ゲット・アウト』が昨年大ヒットしたアメリカ国内でその下地はすでにできていました。 MCUにはその成功や方向性を決定づけてきた大切な作品がいくつか存在しますが、この作品は『アイアンマン』や『アベンジャーズ』に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』といった重要作に早くも肩を並べています。 本作は未見性に溢れた娯楽作でありながら、今の時代に語りかける社会的なメッセージも併せ持っています。 これほどいろんな側面からその面白さを語ることのできるスーパーヒーロー映画は観たことがありません。 (C)Marvel Studios アフリカの民族衣装や伝統に超先進的なSF要素が混ざり、ビジュアル面だけでも新鮮さに満ち満ちているため全く退屈しません。 さらにそこにヒップホップをメインとしたクールな音楽と、スタイリッシュさを強調したアクションまで入ってきます。 そして、トニー・スターク/アイアンマンも顔負けの天才科学者シュリによる「007」シリーズのQを思わせるガジェットの数々が融合。このあたりはライアン・クーグラー監督が実際に「007」シリーズを意識して制作したそうです。 アメリカ国内の音楽業界は今ブラックミュージックが絶大な支持を集めています。アメリカ中の若者が憧れるラッパーのケンドリック・ラマーがこの映画からインスパイアされて「Black Panther」というサウンドトラックを発表したのもこのブームの広がりに一役を買っています。 (C)Marvel Studios 魅力の塊みたいな本作の中で一際その活躍を印象づけたのが、ヴィランのキルモンガーを演じたマイケル・B・ジョーダンでした。 クーグラー監督の盟友である彼は、本作においてもその存在感と格好良さで圧倒的な魅力を放っており、役どころのおいしさも相まって正直ブラックパンサー役のチャドウィック・ボーズマン. · 大腸がんのため43歳で急逝した俳優 Chadwick Boseman (チャドウィック・ボーズマン)。B Boseman亡き今、彼が黒人ヒーローとして主演を務めた映画『 Black Panther (ブラックパンサー)』の続編のキャスティングをめぐる論争がファンの間で繰り広げられている。�. 『マイティ・ソー』(年公開) 5. キルモンガーは早速、ヴィブラニウムの空輸に取り掛かっていました。そこへティ・チャラがはだかると、仲間だった側近のオコエと、ボーダー族でティ・チャラの友人でもあったウカビもキルモンガーに仕えていました。ナキアとシュリはラボに忍び込み、武装し応戦。ロス捜査官は王家の専属航空機ロイヤル・タロン・ファイターを疑似操縦し、ヴィブラニウムの空輸を食い止めます。 互角の戦いが続く中、ウカビの合図で戦闘用の巨大なサイが加わると、ティ・チャラらは窮地に立たされます。それを救ったのがエムバク率いるジャバリ族でした。ワカンダのために戦う姿にウカビとオコエも正気を取り戻し、ロス捜査官も最後の空輸機を撃ち落としました。 キルモンガーとティ・チャラの一騎打ちになり、遂にキルモンガーを倒しました。ティ・チャラは生き絶えかけたキルモンガーに祖国の夕日を見せるために、一望できる場所へと連れて行きます。美しい景色を目に焼き付け、キルモンガーは息を引き取りました。 元の平和に戻ったワカンダ。後日、キルモンガーが幼少期に育ったマンションを買い取り、ワカンダのテクノロジーを教える施設を作ることを決めました。またウィーンでの国際会議でもワカンダ国王として技術の提供をすると発表したティ・チャラでした。 以上、ブラックパンサーのあらすじと結末でした。.

PHOTOGRAPH BY MARCO GROB ティ・チャラの護衛部隊「ドーラ・ミラージュ」は、米国のシークレットサーヴィスやネイヴィーシールズに相当する部隊だ。その装備は、王室の威厳と戦いやすさを兼ね備えている必要がある。 首のリングは、戦士を守ると同時に階級を表している。ビーズで飾られた甲冑は、ドーラの兵士たちが自分の娘へと引き継いでいける家族のお守りとしての役割も果たす。カーターのデザインは、東アフリカに住むマサイ族のビーズ飾りがベースとなっている。. . 『アイアンマン』(年公開) 2. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(年公開) 11. 『アイアンマン2』(年公開) 4. そこから、本作を評する際に「アフロ・フューチャリズム」という言葉が何度も使われることになる。 直訳すれば「アフリカ未来主義」となるこの言葉は、字義通り受け止めれば、アフリカ流の、アフリカ古来の伝統的文化に根ざした未来構想主義である。もともとこの言葉は、SFの作者や主人公が白人に偏っていることを案じた批評家のマーク・デリーが、黒人文化の特徴を総括するものとして1993年に造った言葉だった。 PHOTOGRAPH COURTESY OF DISNEY/MARVEL STUDIOS 関連記事:「アフリカ×未来」でつくられた『ブラックパンサー』の世界を、デザイナーが語った だが、アフロ・フューチャリズムの作風自体はすでに90年代までに登場していた。起源として70年代のサン・ラーが取り上げられることが多いが、大衆的なイメージの源泉としてはむしろアース・ウィンド・アンド・ファイアーのほうが有名だろう。MTV以後のブラックミュージックにおけるヴィデオクリップに見られるイメージだ。 このように、ブラック・カルチャーを総括するものとして登場したアフロ・フューチャリズムという言葉は、いまではSFに限らず、音楽やファッションなど文化全般にわたって見られるアフリカ的スタイルのうち、主にはハイテク的な未来観ないしはスピリチュアルな宇宙観を伴うようなものを形容するものとして使われている。 アフロ・フューチャリズムの感じをつかむには、本作でも使われたケンドリック・ラマー&シザの「All The Stars」のヴィデオを見るのが手っ取り早い。過去も現在も陰惨で、それゆえ未来を夢見るしかなく、しかしその未来は星の静寂のなかにある。霊的で呪術的なものが、いきなり未来的な技術と接続される。過去も現在も白人によって奪われてしまったので未来しかないともいえるし、その未来は古代と通底している、というイメージだ。. MCU作品なだけにヒーローアクション映画としての魅力も存分に味わえる作品です。 特に滝壺に落ち、誰もが溺死したと思っていたティ・チャラが戻ってきてキルモンガーにまた戦いを挑むアクションシーンは圧巻です。. 映画『Black Panther/ブラックパンサー』特報 エンターテイメント 【監督】ライアン・クーグラー 【脚本】ライアン・クーグラー、ジョー・ロバート・コール 【撮影】.

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(年公開) 16. 加えて21世紀はアフリカの世紀と呼ばれるように、そもそもアフリカ大陸そのものが「未来大陸」として期待されている。従来危惧されてきた近代化の遅れによる各種社会インフラの不足という問題も、情報化の時代を迎えてむしろ、ITによる進歩を阻むような既存システムが存在しないがゆえに、フリーハンドで新たな社会システムを構想し実現できる場所として期待の目で見られるようになった。モバイルマネーが活用され、土地台帳がブロックチェーン化され、最新の自家発電装置による分散型の社会システムが実装されつつあるという話は、いまではよく聞かれる話だ。 このような現在の世界的な社会状況を見てくると、『ブラックパンサー』が示すアフロ・フューチャリズムの未来は、単に物語としてだけでなく、現実社会への示唆という点でも興味深い。なにしろ現実世界においても、近代が構築した社会に対して西洋世界自身が手詰まりになっているときに、ワカンダは民主政ではなく、部族制に基づく王政の下で独自の科学技術を発展させた超ハイテク先進国として現れたのだ。西洋的な近代社会に対する強烈なカウンターとして登場したのである。 だが、そのワカンダの物語に、どこかで見たことのある感じがしたのも確かだ。映画冒頭で足早に語られたワカンダの起源の物語、すなわち原初のワカンダにおける5部族の対立、そのなかでハート型ハーブを経て隕石由来のヴィブラニウムの力を身体に取り込んだ元祖ブラックパンサーの誕生、彼による部族間和平による王政の成立など、まるで『指輪物語(The Lord of the Rings)』を見ているようではないか。 『マイティ・ソー』があからさまに北欧神話を素材にしたものだとすれば、その北欧神話をトールキンが現代的に変奏した『指輪物語』に依拠したのが『ブラックパンサー』だったといえはしないか。マーベルコミックにブラックパンサーが初登場したのは66年だが、時期的には、アメリカにおける指輪物語ブームの到来が、対抗文化華やかなりし60年代後半であったこととも呼応する。 当時は、反体制を示す世俗的スローガンとして「Gandalf for America(ガンダルフを大統領に)」という言葉を刷ったチラシが大学のキャンパスに溢れていたという。ガンダルフとは『指輪物語』に登場する老魔法使いであり、彼を担いで大統領にしようというのは、それほどまで既. . · black-panther-2. com 一般観客の口コミもチェックした! 主要登場人物たち。 この映画も、またマーベルコミックの中ではつまらない一本だな。 政治的だ・・・。 そこまで悪くないけど、70点くらいの映画かな。.